本文へ移動

クリーニング約款

クリーニング約款

賠償制度
 
万が一弊社に過失があった場合、補償は当社規定クリーニング事故賠償基準に基づき対応させていただきます。
なお責任者判定を行うために、繊維製品における専門機関の鑑定、もしくは繊維製品品質管理士の鑑定等を利用した場合、責任の所在が使用者もしくは製造者(メーカー)などと判明した場合、その過失割合に応じた鑑定料を実費ご請求させていただきます。
責任所在の判定をすることが難しい場合においては弊社では問題解決に直結する形を目指す理由から、着用に耐えうる状態の商品の納品を最優先しております。
 
事故原因所在
 
クリーニングの事故原因所在を以下の三つに大別します。
  ① クリーニング処理方法及び、取扱い方法に過失がある場合
  ② 製造者(メーカー)の企画・製造等に過失がある場合
  ③ 使用名の使用方法及び、保管方法に過失がある場合
 
賠償範囲
 
弊社が事故賠償の責に応じられるのは次に示す内容です。
 
  * クリーニング洗浄による損傷
  * しみ抜き工程による損傷
  * プレス仕上げによる損傷
  * 不明および紛失
 
その他の原因による損傷につきましては、繊維製品における専門機関の鑑定
もしくは繊維製品品質管理鑑定士の鑑定による判断に基づくものとします。
 
 クリーニング事故賠償基準
  ① 万一弊社に過失があった場合、補償はクリーニング事故賠償基準に基づき対応
    させていただきます。
  ② 当社が賠償金と同時に事故品を引き渡す場合は、賠償額の50%とさせていただきます。
  ③ 商品別平均使用年数および物品の購入から経年月数に対応する補償割合の算出は、
    全国クリーニング生活衛生同業組合連合会規定「クリーニング事故賠償基準」
    に準拠した当社賠償基準に基づきます。
 
賠償対象外
 
製造者(メーカー)の企画・製造等に過失がある場合もしくは連絡がとれない場合
 1.劣化の激しい素材、クリーニング工程の異なる素材で製造された商品(ポリウレタン加工等)
 2.染色堅牢度の弱い素材で企画・製造された商品
 3.熱セット性が弱い生地で企画・製造された商品(プリーツ加工やシワ加工等)
 4.製燃糸の弱い商品によるほつれやほころび
 5.通常のクリーニングに耐えない素材で企画・製造された商品
 6.その他、企画・製造等に起因する事項
 
使用者の使用方法および保管方法等に過失がある場合
 1.科学薬品等による変退色や脱色がみられる商品
   (整髪剤・パーマ液・漂白剤・バッテリー液・廃棄ガス等の付着によるもの)
 2.汗や日光、照明による変退色や脱色がみられる商品
 3.着用時に発生したやぶれ、ほつれ、糸引き等
 
賠償条件
 
賠償条件としては、以下の通りです。
 *当該商品お渡し予定日より30日以内に番号本タグ付き商品に事故が判明し、お申し出いただいた場合、
  もしくは弊社が事故扱いと認めた場合に限ります。
 *時価を超えての補償、商品への付加価値には応じられません。
 *当該損害弁償品の返却、およびクリーニング代金の返却には応じられません。
 
免責
 
下記の場合は、免責とさせていただきます。
  *台風・地震などの自然災害による事故
  *主観的価値である無形的損害賠償や、精神的慰謝料には応じられません。
 
 
協議事項
 
当社の約款・クリーニング事故賠償規約は事前の告知をすることなく、内容または名称を変更することがございます。この場合の利用条件は、商品お預かり時のクリーニング約款によるものとします。
 
株式会社KOGOSHI
〒352-0012
埼玉県新座市畑中2-16-23
TEL.048-481-6281
FAX.048-481-6282
■ウエディングドレスクリーニング
■和服・舞台衣装クリーニング
 
TOPへ戻る